BLOG

17:09

相澤会長へ


ゆうべ遅くに、会長がお亡くなりになったことを知りました。悲しくて悲しくて、涙がとまりません。つい先日、会長のことを思い出していたんです。この次に日本へ帰ったら会長に逢いに行こうと思っていました。もう遅いのですね。涙があふれて、どうしようもありません。お世話になった頃のことを思い出しています。14歳のときに東京へ出て来て、社長宅で生活を始めた日からの、会長とのいろいろな思い出。会長は、私にとって大切な親のような存在でした。子供だった私を、会長は大切にしてくれました。デビューしてからも、社長室へ本当によく私お菓子を食べに行っていましたよね、丸山さんや小笠原さんが、私の顔を見ると笑いながらお菓子の戸棚を開けてくれたことが懐かしく思い出されます。会長は幼かった私をいつも優しく、力強くささえてくれました。会長はいつもそこにいてくれるものだと思っていました。「えりこ、頑張れよ、」って優しく励ましてくれた会長の顔が目に浮かぶから、また涙があふれてきます、大人になって、もう一度逢いたかった。お礼も心から伝えたかった。顔を上げたら、社長が「えりこ〜」と笑って出て来てくれるんじゃないかと、まだ現実を受け入れられません。


本当にひさしぶりに、声を上げて泣いた一日でした。会長の様子を聞けば聞く程胸が苦しく、今はどうしようもありません。私も今日、みんなと一緒に会長に逢いたかったです。会長との思い出のひとつひとつを、これからも大切にします。会長は私にとってとてもとても大切な存在でした。 
 
心よりご冥福をお祈りいたします。 


田村英里子 
  
  

 

« Happy Holidays & a Happy New Year! | メイン